妻が出産してからセックスで中イキしない

結婚して妻が妊娠して出産をするというサイクルの中でセックスの感覚は変わってきます。

 

基本的に女性は妊娠した辺りから体に変化が起き始め、産後も以前とは違ったりします。

 

特にセックスに関しては大きく変化が出やすい傾向があります。

 

妊娠前はペニスを挿入した状態で中イキできたのに、産後は中イキしなくなったというケースが多くあります。

 

夫婦のコミュニケーションとスキンシップとしてセックスは重要です。

 

肌を重ねる事で互いに愛情を感じ合ったり、安心感を得る事ができます。

 

でもそれと同じくらいに気持ちよくなりたいという本能的な感覚もありますよね。

 

産後の妻が中イキしなくなったからどうしよう…と思いつめる必要もありません。

 

産後に中イキしなくなったのは理由があり、そこを改善すれば再び中イキはできるようになります。

 

夫婦でセックスを楽しむために、妻を再び中イキさせる方法を紹介しますので、ご参考ください。

 

産後に中イキしなくなる理由

妻が産後に中イキしなくなる状態はちゃんと理由があるんです。

 

それは出産の際に膣内の産道が広がる事により、サイズが大きくなってしまうからです。

 

出産前に中イキできていた時はペニスを挿入し、しっかりと締め付けていた状態だったんですね。

 

産後も産道が広がった影響で、出産前の膣内のサイズに戻り切れていないわけなんです。

 

その状態で挿入しても、以前の様にフィットしきれないから快感が減ってしまっている状態となっています。

 

この膣内のサイズが広がってしまい、緩くなった状態なので中イキしなくなっているという事なんです。

 

産後でもクリトリスを刺激してクリイキ(外イキ)はできるんですが、中イキをしなくなると物足りなさを感じますよね。

 

夫として今まで中イキしていた妻がしなくなったのはさみしくなります。でも一番それを感じているのは妻でしょう。

 

今まで中イキして気持ちよくなっていたのに、産後にできなくなってしまい、セックスに対して消極的になる…なんて事は避けたいですよね。

 

この原因が分かったことで、改善方法は1つだけです。膣内の締り具合を出産前の状態に戻す事です。

 

締りを取り戻すには膣トレと呼ばれる方法で行うのが一番早い方法です。

 

妻が中イキを取り戻すための膣トレ方法

妻が再び中イキをするためにはトレーニングを行う事で改善できます。

 

トレーニング内容は先ほど言った通り、膣内の締りを元に戻す事です。

 

そのために必要なのは膣トレと呼ばれる方法で、主にインナーボールと呼ばれるアイテムを使用します。

 

これがインナーボールです⇒膣の締りを取り戻すLCインナーボール

 

このトレーニングを行う事で妻の締りが元に戻ります。もしかしたら以前よりも締りが強くなるかもしれません。

 

これで再び中イキできるようになり、セックスをより楽しむ事ができるようになるのは間違いありませんよ。

 

妻も中イキができるようになって喜ぶ事でしょう。それだけ中イキは気持ちいんです。

 

夫婦の夜の生活をより楽しむために、是非ともインナーボールを使ったトレーニングをお試しください。

 

そして夫婦で気持ちよくなってセックスを楽しんでくださいね!